他社の鼻パッドの無い眼鏡と違い 落ちません

鼻パッドの無いメガネが4社から売られるようになり、鼻パッドなしメガネの要求が多くなったような気もしますが
残念なことに他社の鼻パッド無の眼鏡は重いレンズを入れるとズレタリ落ちたりするようです。((お客様から意見です)
跡の付かないメガネEASYは原理違うい決して落ちたりずれたりしないのですが,このままだと鼻パッドの無いメガネは
「調整できないずれる、落ちる、痛い」と云った評判が立ちそうで、敢えてEASYの原理優れているか説明します。
少し品の無い振る舞いですがご勘弁下さい.AR,VRメガネのベースに最適、

商品の説明は 顔に跡の付かないメガネ

EASYがずれない理由
跡の付かないメガネEASYは首を縦に振っても落ちません、頬にも跡がつきません。ジャンプをしても下を向いても落ちないところが違います。又、鼻パッドのないメガネeasyはすごく簡単にフィッティングが出来、ずれません。サイドパッドも不要でシンプルな構造ですが動きません。
NEOJINはフィッティングが難しい、動く、ずれる、サイドパッドが痛いと言われています。NEOJINがなぜ動くのか解説します。 メガネ21の鼻パッドの無いメガネも同じです。

NEOJINモダンが通常のメガネと一緒で耳の上側(外)にあります。そのためメガネの重量をサイドパッドで、頬骨にに乗せて受けても、レンズ側が重いのでパッドを中心にして、レンズが下側に動きます。反対にモダンは上側に動きますつまりサイドパッドを支点にして回転運動が起きているわけです。
これを防ぐためにはパッドできつく締め付ければよいのですが、あまり強く締め付けると不快であり、跡も付いて使用に堪えません。又先セルで頭を強く挟めば良いような気もしますが今度はパッドが浮いてしまい上手く行きません。
NEOJINの写真を見るとパッドがかなり目に近い部分にあります。これだと鼻には跡がつきませんが、こめかみ部に跡がついてしまいます。又フレームを通常より複雑で、眼鏡が重くなります。

easyはモダンが通常のメガネと異なり耳の中(内側)にあります。パッドではなくテンプルに設けたジョイントをもみあげのところで顔に当てて、頬骨に乗せてメガネの重量を受けます。3センチの面で接触するので回転運動が起きにくい事になります。
NEOJINとの一番の違いは回転運動の抑え方です。ジョイントを中心に回転運動が起きモダンが上に動くので、モダンを耳に当てて上に動くのを止める事です耳に当てることで回転運動を抑えるので、レンズ側が下に回転しないのでメガネはきちんと固定され、装着できます。
すごくわずかな違いに見えますが、EASYの場合梃子の原理を利用していますのですごく簡単の、レンズ側とのバランスがとれます。又部品点数も少なく軽く、シンプルに出来ます。

EASYが・他社の鼻パッドの無いメガネと違い、落ちないのか確認方法

鼻パッドのない眼鏡EASY利点をお手持ちの眼鏡で簡単に確認できます。
1NEOJINのケース  モダンが耳の上側にあります
 
普通に眼鏡を掛け矢印の所に指を当て、眼鏡を上に持ち上げ鼻から浮かせます。そしてレンズの所を下に押すとモダンが上に上がり、レンズの部分が下がります。
2、EASYのケース   モダンが耳の内側にあります
右側の図のように眼鏡を逆さまにして、モダンの先を耳の内側に当ててください。同じように矢印の所に指を当て眼鏡を持ち上げます。レンズの所を下に押してもレンズの部分が下がりません。耳に弾力性があるので少し動きますが、押さえるのを止めると元に戻ります。
実験ですから、レンズが通常よりはるかに顔から離れていますがレンズは動きません。

つまり頬骨で眼鏡の重量が支えられれば眼鏡は固定できることになります。実験では50gと重くした眼鏡でもちゃんとかける事が出来ます。めがね型コンピューターにも利用できます。

ジョイントは頬骨に乗っているだけですから、強く挟みつける必要が無く痛くなりません。又、メガネの重量は頬骨で受け、回転運動を起こす力を耳当てているだけですから、耳にはほとんど力が掛かりません。
眼鏡屋さんにお願いです。これまでの眼鏡と調整の仕方が異なります。これまでの考え方では調整できません。
 フィッティングの仕方をご覧ください。お客様が何百人もご自分で挑戦しておられ、4回目の購入をされた方がおられるほど簡単です。
但し、モダンが耳に当たっていないと動きます

そのほか骨格の特徴に従ってメガネができているので簡単にフィッティング出来ます。デザインの自由度も画期的に上がり、ウエアラブル
PCの端末としても最適です。レンズに10円玉6枚を張りつけても落ちたりしません。

ARメガネの場合VR
重量の増加に伴い鼻や耳が痛くなりません。

跡の付かない眼鏡の場合、100gぐらいの重さのメガネでも鼻も耳も痛くなりません。ジョイントが重くなれば自然と鼻からメガネが浮きます。頬骨は丈夫なので100gくらいの重量は何ともありません。レンズの高さも自由です。メガネの重量をジョイントだけで支えるので痛くありません。(接触面積が広い)
シーソーと同じなのでモダンの上げ下げでレンズの高さも調整できます。AR眼鏡はジョイントの部分に重量が掛るように設計すると重たいバッテリーも装着できます。頬骨にジョイントが接触して重量を全て受けるので頬骨が折れるまで掛けられます。2kg程度まで耐えられますから、AR,VRの回路やバッテリー、ケーブルをジョイントに纏めて頬骨で支えるように設計してください。シーソーの支点に当たりますから原理的には幾ら重くても問題ありません。重量を気にせずにメガネを作れ

EASY(鼻パッドなし眼鏡)発売後鼻パッドの無い、メガネの需要が喚起されメガネ21、シャルマン、ジゴスペック、アイトピア等で発売されだしましたが、弊社の特許が有る為サイドパッドの無いメガネは製造、販売できません。
仕方が無いのでNEOJINの鼻パッドなしメガネと同じ原理の、頬にサイドパッド(支持体)を持つメガネを発売しだしました。NEOJINは世界初の鼻パッドの無いメガネと言っていますが、鼻パッドの無いメガネは特許になっていなくてその他の微小部分が特許になっています。ですからメガネ21、シャルマン、ジゴスペック等が遠慮なく発売できるのです。
NEOJIN方式では「レンズを入れたらメガネが落ちる」「レンズを動かなくするには頬のところを強く締め付かないといけないので痛い」という電話やメールが多数来ています。このような苦情の有るメガネをなぜメガネ業界で売るのか不思議です。
他にもゼログラムという折り畳めない眼鏡も売られていますが、折り畳めないすなわちコンパクトに収納できない結果となり、メガネの携帯性を無視して売られています。これも不思議です。   先日ネットで下を向いたらずれるという書き込みが有りました。推測ですがばね材を使っている為メガネの調整ができず、締め付け不足でずれるのだと思います。

最近はメガネ業界も苦境でなんとか目先を変えたメガネを売り出していますが、超弾性フレーム、弾性プラスチック、形状記憶合金等メガネ屋で調整できないフレームを販売しておりお客様への責任はどうなっているのでしょうか。
耳当てなしメガネ (他社商品)
耳当てが耳に挟まれて横になると痛くなるのを防ぐためのメガネです。耳のところは痛くないが、鼻のところは痛くなります。
弊社のEASYは鼻が痛くならないのは当然で、耳も痛くなりません。
鼻パッドの無いメガネEASYにすれば鼻の痛み、跡、耳の痛みも無いメガネになります。そして非常にコンパクト明日です。

跡の付かないメガネ