メガネ21の鼻パッドの無いメガネ 
めがね21さんが テレビのコマーシャルで 鼻に跡がつかないメガネとしてCMをしていると聞いていましたが、
やっと声だけ聞く事が出来ました。
「鼻から浮いているメガネ」 跡がつかない と言っていた様に思いますがまだ確認できていません。

メガネ21さんの浮いてるメガネをお店で見てきました。
眼鏡の上下の調整はできないので、何種類ものフレームを用意しなければ
上手く掛け掛ける事が出来ないと思います。
顔幅の調整もできないそうです。 こめかみに当たる様にするには、
レンズの横幅を変えてテンプルの幅を変えて行うそうです。或いはレンズに穴をあけてテンプルを取り付ける時に
、穴の位置を調整するのかどちらかです。
しかしメガネは掛けて見て何処に黒目が来るかを確認し、レンズの中心を合わせてレンズをカットするのが
正しいメガネ屋さんと思うのですが、メガネ21さんのやり方では、正確に調整する事はできないと思います。
リムが無いタイプしか対応できないし、レンズの選択を間違うと没になると思います。

モダンの当り具合を調整すると頬に当たる力が変化して、顔に当てる力が弱くなり落ちるのではないか。
又テンプルを曲げるには熱を掛けて曲げるので微調整は難しそうです。
NEOJINと同じで鼻パッドが無い」と言っていますが 鼻パッドの代わりにテンプルに突起を付けて頬骨に当て
メガネを支えています。これだと顔に跡がつきます。
つまり鼻パッドがサイドパッドになっただけです。

顔に跡の付かないメガネ EASYの特徴 
鼻パッドが無いので鼻からメガネが浮いています。したがって鼻に跡がつきません。
しかも横顔にも跡がつきません。
眼鏡の高さの調整は、モダンを上下に曲げて行え自由です。
テンプルの長さも自由に調整できます。
顔幅の調整はジョイントで行え、テンプルを曲げる事でも可能(普通のメガネと一緒)。
リムが無いタイプ、リム有りを問わずフレームはどれでも対応できます。
デザインの自由度 普通のフレームお一緒でどんな形でも可能です。


これだけ性能に差があるのになぜ敢えて販売するのか理解できません


下の写真はブリッジコーポレションさんの鼻に跡の付かない眼鏡です。
鼻当てが頬に移動しただけで、頬に跡がつくと思います。そして普通の眼鏡と同じで
耳の上にモダンがきます。これだとシーソーと同じで鼻当てを中心にしてレンズ側が
下に落ちてしまう為モダンを耳の後ろ側で後頭部に押さえつけなければなりません。調整が難しいとメガネ屋さんは言っています。

顔に跡の付かない
メガネ