イチロー選手の特注トレーニングマシンからヒントを得て考案しました。
ホームセンターで適当な棒を買ってくればすぐに始められます。天井の照明器具やガラスを割らない様にしてください。
40年来の左肩甲骨の内側(裏側)の違和感を解消する為に考えたのですが、体全体が快調になりました。
右側のぎっくり腰の後遺症で常に有った違和感が取れた。
左ひざの後ろ側のツッパリ感が取れた。
首や背骨をひねるとすぐにボキボキなっていたのが全く鳴らなくなった。驚いた事に寝ていて体をひねるを骨が鳴っていたのが
鳴らなくなった。
断食提唱者の甲田先生が本の中で、体の異常は右 左 右 左のように起こると書いておられますが、まさにのの通りに
違和感があったがすべて解消した。
ポイントはこれまでストレッチなどは引く動作ばかりで押す力を殆ど使っていなかったので、体の筋肉を均等に動かしていなかったのを
改め、押す動作を加えた事です。
棒など使わなくても出来るのですが、関節の硬くなった方は棒を使った方が楽にできます。
棒を順手,逆手に持ち変え、軽く棒を引っ張る。逆に棒を押すだけです。数回ずつ繰り返します。
体の前 後で頭の上 方の所 腰のあたりと位置を変えて行います。
さらに持ち手の幅を肩幅 少し開く 目いっぱい広くしても行います。
左右にひねっても良いし 上下に棒を動かしてやれば方の稼働息が広がります。